山梨の元気な学生と企業をマッチングさせる斬新なサービスがあった!

こんにちは一児の母でパートのメアリーです。梅雨が明け、テスト期間も終わり、まもなく夏休みがやってきますね~学生のみんな、バイトバイトで忙しい!なんて言っていたらもったいないよ!働く事は、大人になってからいくらでもできるから、一ヶ月バイトで稼いだら、一ヶ月思いっきり遊ぼう!!今しか出来ないことを思いっきり楽しもう!!

インターンシップとは?

さてさて、大学にもよると思うけど、単位修得授業の中にインターンシップが組み込まれている大学もあるよね。一般的に、インターンシップとは、特定の職の経験を積むために企業や組織において労働に従事すること。学生にとっては、ただ単純に単位修得できるというメリットだけでないんだよ。では、実際にどんなメリットがあるのか、ニッセーが行っている学生とのインターンシップを紹介しますね。

未来計画研究社とは?

インターンシップで重要なのは、学生と企業をマッチングさせること

お互いのやる気スイッチが合致しなければ、面白くない、興味も無いことを淡々とこなすだけで、意味がなくなってしまうから・・・

未来計画研究社とは、その不一致をなくすためにも重要な役割を果たしている。具体的には・・・

1.未来計画研究社が企業を募集する。

2.採用された企業には学生の前で1分間のプレゼンテーションを行ってもらう

3.自由質問タイムがもうけられ学生は興味をもった企業へ足を運ぶ

4.学生の興味ある企業をランキング付けして投函

5. 企業側も魅力的な学生の名をランキング付けして投函

6.後日メールにて合致した両者が対談する

7.インターンシップ開始

 

実際のインターンシップの活動内容

昨年度も、実際に合理的なこの未来計画研究社のシステムを使い、山梨大学の男子学生達とインターンシップを行い、そこから生まれた新製品がTVに取り上げられるなど成果を残したよ!

新製品には特許を取り、発明者の欄に学生の名を連ねることに!本人にとってもよい経験になったと思う!

今年はというと、実際に上記写真、山梨県立図書館でハンドメイド業界に進出したいとアピールしたところ、山梨大学、山梨県立大学、英和大学の三校から優秀な女子学生4名がインターンシップに参加してくれて。写真は初日のミーティング様子!みんな生き生きしてるよ~!

学生さん達のそれぞれの得意分野を聞き出し、裁縫が得意な子、SNSが得意な子、というようにニッセーではグループ分けをし、進めているんだ~!ニッセー側としては学生さん達それぞれが輝く場所にして欲しいとの思いが強いっ!

実際に、裁縫が得意な子は、後日ニッセーの製品を使った小物を作っくれたし、SNSが得意な子はyoutubeにアップする用の製品のPR動画を作成してくれているよ!よかったら見てみてね!

▽ブックカバーの世界

https://youtu.be/paEaf_27xSo

インターンシップに向いている人

・コミュニケーションを図ることが好きな人

・机に座って講義を聴いているよりも、動く事が好きな人

・自分の思いを形にしたい人

・社会と学生のギャップを事前に味わいたい人ww

実際に去年インターンシップを経験した山梨大学の学生のレビュー

「自分が発した一言が、製品開発に繋がり、実際にTV等にでて、正直驚きました!!

「自分ではお金もないから実際に頭で考えていてもやりたいことが実行に移せない・・企業とコラボレーションすることで、実現にグッと近づく

「山梨の大企業、印傳屋の上層部の方とアポをとりプレゼンテーション出来た。就活などで、自分のアピール材料となると感じた」

「自分の頭で自ら考え行動できるようになったと感じた。企画力や提案力がついた

「タイムマネージメントや、提出期限の大切さ、信頼、社会人としての第一歩を踏み出せた、自身がついた」

まとめ

 

インターンシップは企業にとってメリットがあるだけでなく、実際に振り返りを行って学ぶ意欲の高い学生達の後押しができているとの実感をうけました!

なので、ニッセーは、今後も日本の未来を支えていく学生さん達の見方でありたい。働くって楽しいなって肌で感じて欲しい!

「日々、ワクワク・ドキドキ・キラキラと!」がニッセーのスローガンです。

ニッセーの未来を築く学生さんも募集していますので、気軽に門をたたいて下さいね!!!

▽株式会社ニッセー PLB事業部HP

http://www.perfectlock.net

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ニッセーはボルトの転造メーカー。 ワーママとしてニッセーでパートをする日々をブログにしています 働きたいけど、時間が無いママさん達の雇用の受け皿を広げていきます。