山梨県はママさんバレーチーム数ナンバー1!!!

ママさんバレーを始めた理由は育児ストレス?!

一児の母のYです。

私がママさんバレーを始めた理由は、自分だけの時間が欲しかったと言うのが1番の理由です。子供が産まれてからは24時間ほぼ子供と一緒。授乳したり、一緒に公園や児童館へ行ったり。楽しいことがいっぱいで充実していましたが、でもやっぱり一人で過ごす自分だけの時間が欲しいと思い始めました。

もう1つの理由として、お友達が欲しかったという理由もあります。生まれ育った土地とは別の所にお嫁に来た私にはお友達がほとんど居ませんでした。子供と同じ歳のママや児童館等で会うママとはお話はしますが、その時だけという感じで、孤独を感じていました。

ママさんバレーを始めて同年代のママだけではなく、上は60代から下は20代まで幅広い年代の方とお友達になることが出来ました。ママさんバレーを始めなかったら、絶対にお友達にはなれなかったと思います。

また、自分だけの時間が欲しいと思い始めたのは、初めての育児で知らぬまに…ストレスを感じていたのだと思います。

ママさんバレーを始めて得たもの

・自分の趣味の時間が持てた

・お嫁に来た知らない土地で年代問わずお友達が出来た

・孤独を感じることが少なくなった

・身近に相談出来る人が増えた

・卒乳出来た!

・ストレスが減った事によって子供にも旦那さんにも優しく接しられるようになった!

・学生時代の旧友に試合で会えるようになった(プチ同窓会のように)

・笑顔が増えた!

・私生活が充実したことによって、仕事も頑張れる。結果、良い仕事が出来る!

ママさんバレーでダイエット出来るの?

ママさんバレーをやっていて体を動かすからダイエット効果もありそうですが…週1回の練習だけではなかなか痩せません。でも、体を動かしストレス発散することによって太りにくい体にはなっているかもしれませんね!ストレスを溜めることで脂肪が付きやすくなると聞いたことがあります。

また、すぐには痩せないかもしれませんが…筋肉が徐々に付いていく事によって基礎代謝が上がり痩せやすい体になると思います。ママさんバレー=即ダイエットにはなりませんが、汗をかき老廃物が外に出ていくのでお肌はツルツルになりますよ♪

私のチームにはいませんが、他のチームには70代~80代のママさんが大活躍されているチームも何チームもあります。みなさん本当に若々しくキラキラ輝いています。ダイエットと言うよりも健康な体作りにはママさんバレーは最適かもしれません。

・声を出すことによって肺活量UP!

・前後・左右に瞬時に動くことによって筋力が付き骨折等が防げる!

・様々な年代の方々とお話しすることによって刺激を受けるので認知症予防できる!

・練習や試合後の食事会で日頃のうっぷんを晴らしストレス発散できる!

山梨県はママさんバレーのチーム数が全国でも一番多い!

▽宮根さんのTV放送 YouTubeリンク

https://www.youtube.com/watch?v=2Nxu1p8wECQ

山梨県では年に4回大きい大会が行われます。年代別で分かれて行う試合もあります。

1、コカ・コーラカップ

2、山梨中央銀行杯

3、山日YBS杯

4、武田消毒カップ

上記大会はテレビ中継もされます。また、試合前日にはローカル版新聞「山梨日日新聞」に出場チームのメンバーが写真付きで紹介されます。ほとんどのママさんは仕事が終わった後、子供を寝かしつけた後週1日~2日夜練習に励んでいます。テレビ中継は決勝戦のみなので全チームテレビに出れるように頑張っています。

夜の練習に参加するには、旦那さんや両親の助けも必要です。小さい子供を練習している体育館には連れて行けないですから。私の場合旦那さんの仕事の帰りが遅い日が多く、ほとんど義両親に子供を預かってもらっています。夕食から入浴、歯磨きまで全てやってもらっています。私の趣味であるバレーを続けられるのは家族みんなのおかげであると感謝しています。

私はこれからもママさんバレーをしながら毎日笑顔で頑張ります!

そんなバレーで私生活が充実している私ですが、実は最近もう一つ楽しい事があります。

それはパートです。

仕事をするのが楽しくて仕方がありません・・・。パートなのに事業主になったつもりで仕事が出来ていること。自分の時間が出来て、笑顔が増えると全て上手くいく気がします。

私が今力を入れている「ハンドメイド事業」にもこうご期待!!

http://www.perfectlock.net/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ニッセーはボルトの転造メーカー。 ワーママとしてニッセーでパートをする日々をブログにしています 働きたいけど、時間が無いママさん達の雇用の受け皿を広げていきます。