ママさん作家が活躍できる場所マルシェに潜入!

子育て支援「にこけん」が主催のマルシェは毎回大盛況!!

 

こんにちは、一児の母のメアリーです

今回は、株式会社ニッセーのパート勤務でハンドメイドの市場調査として、

山梨県都留市で4月8日に行われたマルシェに潜入して参りました。

ママさんたちの手作り小物がずらりと並び、それぞれのママさんにお話を伺うことができました。

話を聞いてみると、受注販売のパートで作品を大量に作り稼ぐママさんもいれば、普段はハンドメイド作り以外のパートに出勤し、子育てとパートの隙間時間を利用して

趣味としてハンドメイドを楽しんでいるママさんもいました。

ハンドメイド作品をマルシェに出店

写真のお店は、2kuruさん

小さなお子様がいるなか、自分の時間を利用して布小物【抱っこ紐、スタイ、お祝い袋などなど】を作成しています!

今回は、私の同僚でニッセーで活躍するパートのYさんが、ニッセーのボタンをハンドメイド作品に取り入れていただけないかと交渉してきました。

かわいい柄のポーチに付け替えられるようになれば、ネジでできたボタンも世に出回るかな??

 

こちらもハンドメイドで布小物を作成しているママ、iina さんで、女の子の心を掴むかわいいデザインが特徴です!こちらのママさんは、わが社とコラボ可能か否か、後日お会いしてミーティングすることとなりました。本日の収穫ありです!

いや~本当にツ このように、ママさんたちが自分の得意分野を生かして気軽に出店できるマルシェがあれば、活躍の場が広がりますよね!!!

もし、お近くにマルシェやフリーマーケットがないよ!とお困りの場合は、ネットショップも気軽に始められますので、得意をそのまま埋もれさせておくのはもったいないのでトライしてみてください!

そう言う私は、裁縫などの特技がないですが・・・

▽BASE ネットショッピングサイト こちらは初期費用無料で、売上が発生した際に10%の手数料。気軽に始められる一つの手段

https://thebase.in/

 

マルシェを主催したにこけんとは??

そして、今回マルシェを主催しているのは、山梨県都留市のママさん主催の団体 にこけん 【https://www.oyakonoegao.com/】

事業内容はこちら↓

親子で笑顔になれるイベントを開催します。

流しそうめん会・ 未就園児運動会・ 節分豆まき・ 親子クッキング など

ママのリフレッシュになるイベントの企画・運営。

託児つき講座(上履きデコパージュ・ポーセラーツ・スクラップブッキング) など

結婚や転勤を機に市外・県外から都留市にお越しになったママさん大歓迎!交流の場を紹介します。

県外・市外からお越しのママたち話そう会

子育て支援の情報・講座の情報をお知らせします。

誰かに聞いで欲しい…そんな時は相談相手になります♥

パパの気持ちも聞きたいですね☆

その他、
ママたちの思う「 あったらいいな 」を聞き取って 形にしていきます。

にこけんを立ち上げたのは、いい意味で普通のママさんたちであることです。

自分にはこんなこと出来るわけないと思いがちですが、ママさんたちが何人か集まれば大きな力になります。

「子供が泣いて泣き止まない・・・」「主人は何もしてくれない」などなどみなさんが心に秘めた悩みは、他のママさんたちと共通していることが多くあります。

ひとりで、悩んでいるママさんがいることだけは避けたい。もしも、いま悩んでいるママさんがいたら、地域のコミュニティーや、ふと開催されるマルシェやフリーマーケットに出かけてみてくださいね!

パートママさんが活躍するニッセーPLB事業部新仏部長とは?

さてさて、話はわが社ニッセーの話に戻りますが

今回、パートYさんの活躍を応援してくれているのは、ニッセーの新仏部長です

部長のスタンスは、基本一人一事業。パートさんにも毎日ワクワクキラキラ働いてほしいそう。

今回のマルシェでコラボ先を探していたのは、わが社のネジからうまれたボタン。パートYさんはハンドメイド作家さんとのコラボを立案し、行動し、ミーティング、製品化、販売までを行う予定です。

「金銭関連や雇用の問題など難しい話、責任などは部長が追うから、思い切ってやってみなさい」というのが部長の信念です。

なかなか斬新な考えをお持ちの部長で、今後の日本社会を担う中小企業に欠かせない人物になることは間違いありません!!

部長がパートのママさんを応援する理由は、根本に「母」を尊敬する気持ちがあるのだそう。

部長の母親は、アメリカ出身で結婚を機に日本へ来て、だいぶ苦労されてきたそうで、それを見て育った部長は、自らの母親だけでなく、全国の女性が、出産を機にキャリアを捨てなければならない

現状や、子育てをしながら両立できない日本の雇用に問題があると考えています。実際、M字カーブという言葉があるように、活躍していた女性が一度キャリアを離れて家庭に入り、その後復帰することの難しさは問題視されているようですよ。

小さな町の小さな企業の部長が今、この現状を変えていこうとしていますので、こうご期待!!

そんな部長の下で活躍する主婦Yさんの新規事業にも注目していてくださいね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ニッセーはボルトの転造メーカー。 ワーママとしてニッセーでパートをする日々をブログにしています 働きたいけど、時間が無いママさん達の雇用の受け皿を広げていきます。